鎌倉市「防災まちづくり」構想

『防災まちづくり』構想

 有時に困っている人を助けるのが「防災」で、
 平時に困っている人を助けるのが「福祉」です。
 未来を支える子どもたちを育てる「教育」
 防災や福祉、教育の土台となるのは行政力です。
 
 立場の違いや、組織の違いはあるけれど、動かしているのは、すべて人間です。
 一人の力は、とても弱いかもしれないけれど、みんなで団結すれば、大きな力となります。
 人と人との連携こそが「地域」づくりです。

 一昨年の台風や、このコロナ禍による被害、
 そして、必ず起こるであろう、大地震。
 すべての人が助けを必要とする時、その時こそ、皆で、支え合い、助け合うことが求められます。
 「防災」を考えて地域づくりを行うことは、災害への備えになるだけでなく、福祉や教育、行政との連携づくりなど、人と人とが連携しあうことができる、「防災まちづくり」となるのです。

 人とのつながりが希薄になっていく時代にまずは自分の街から、本当に大切なことを一つひとつ繋げていきたい、形にしていきたい。
 

これが私が考える『防災まちづくり』構想です。

 

◆防災 × 福祉との連携◆   ◆防災 × 行政との連携◆

◆防災 × 地域との連携◆   ◆防災 × 教育との連携◆

  

活動報告

大先輩!

地元の大先輩が応援してくれました! ありがとうございます!

出陣式

江上けんの第一声を映像にまとめましたので、ぜひご覧ください。

第1声

2021年度鎌倉市議会議員選挙が始まりました。 江上けんは地域の皆様のために走り続けます。

第2回 子供と一緒にサバイバル in かん太村

今年で2回目の開催となる防災イベント「子供と一緒にサバイバル」を、関谷にある『かん太村』の協力の下で行いました。

第1回 子供と一緒にサバイバル in かん太村

2017年11月5日(日)、鎌倉野菜とカレーのかん太村にて、防災イベント「第1回 子供と一緒にサバイバル」を行いました。

私も応援しています

 

自治会での活動を通し、彼をずっと見てきました。実直な人柄と行動力。私たちの町にはなくてはならない人“江上けん”さんです。

今、自治会・地域の活動から正に1歩踏み出し、その経験を鎌倉の未来の街づくりへと夢を馳せる“江上けん”。その大志を心から応援します。よろしくお願いいたします。

「江上けんを応援する会」会長 渡辺寿三

PAGETOP