江上健|えがみけん

ほんの1年前まで、正直なところ、自分が市議会議員に立候補するなどとは考えてもいませんでした。

自ら率先して活動してきた「城廻自主防災隊」を7年間続ける中で、何か起きるたびに、市と掛け合ってきました。
何かを実現したいと動くたびに、もどかしい思いをしてきました。

そんな活動を続ける中、ある日、松尾市長から
「本当に実現したい鎌倉の街像があるなら、市議会議員として活動してみませんか」
とお声かけいただいたのが、今回の立候補のきっかけとなりました。

「実現したい」というようりも、「今、鎌倉の防災力を高めておかなくては、とんでもないことになるのではないか。鎌倉の街を守りたい」という、居ても立っても居られない気持ちが、正直なところです。

まだまだ、私たちの暮らす地域防災は始まったばかりです。乗り越えなくてはならない課題はたくさんあります。津波の被害が予想されるエリアや、火災の被害が予想されるエリアなど、それぞれの地域で異なる課題に一つひとつ着実に取り組んで行きます。