地元城廻の「中村公園」にて、地域の皆様に第1声をお話しさせていただきました。
鎌倉の防災力を高めたい!
地域の本当の声を市政に届けたい!

「鎌倉市防災まちづくり構想」はいざという時に助け合い支え合えるまちをつくるために、防災を核にして、地域と行政が連携し、高齢者や障害者など、あらゆる災害弱者を一人もとりこぼさないために、平時から、話し合いのできる関係、顔の見える関係を構築する取り組みです。10年かけて取り組んできた自治会防災は、小学校単位の防災から、玉縄地区全体の防災へと広がってきています。私の活動を支援してくれる大切な地域の仲間に支えられて、全力で頑張ります。そして、この御恩は、地域の声を行政に届けることと、防災力を向上させていくことでお返ししていきたいと思います。